新ものづくり補助金、申請書作成のコツ

『中小企業・小規模事業者 ものづくり・商業・サービス革新事業」(『新ものづくり補助金』)

 

1次公募が現在、平成26年5月14日締め切りで、受け付けが行われています。

 

・成長分野型の場合、補助上限額1,500万円 補助率2/3
・一般型の場合、補助上限額1,000万円 補助率2/3

 

と補助金の中でも、補助上限金額が大きいものとなっており、

アベノミクス第三の矢として、中小企業の設備投資を促進し、景気回復の切欠となることが期待されています。

 

ものづくり補助金申請書の書き方

 

補助金の場合、申請資料の作成が何かと大変ですが、今回の『新ものづくり補助金』の場合、株主等一覧や役員一覧等、会社概要の他、事業計画として記入が必要な内容は2つとなっています。

 

それは、

 

『その1:試作品・新サービスの開発や設備投資の具体的な取組内容』

 

『その2:将来の展望(本事業の成果の事業化に向けて想定している内容及び期待される効果)』

 

の2つです。

 

申請書類のスペースを見ても、10行弱しか書き込めない形になっているので、

 

「5行程度、簡潔に内容をまとめて、書き込めばいいのかなぁ」

 

と考える応募者の方もいらっしゃると思いますが、昨年度の採択実績を見ると、それでは採択を受けることは難しいかもしれません。

 

今回の補助金のテーマは『どのように他社と差別化し競争力を強化するか』になっています。

 

そのため、顧客ニーズに基づく差別化をいかに行うか、上記2つの項目にうまく纏め上げる必要がありますね。

 

例えば、下表のような形で、計画の骨子を作る必要があります。

 

新ものづくり補助金 計画骨子を記入するシート

 

これは、『中小ものづくり高度化法』の資料をベースに、今回補助金向けに弊社でアレンジしたものですが、

 

『その2:将来の展望(本事業の成果の事業化に向けて想定している内容及び期待される効果)』として

 

1.誰が使うのか(川下分野)

 

2.どのような用途で使うのか

 

3.何を解決するために(課題及びニーズ)

 

を明確にし、

 

『その1:試作品・新サービスの開発や設備投資の具体的な取組内容』として、

 

1.目標(何を実現するのか)

 

2.どんな方法で(開発・設備投資の方向性)

 

3.誰が、誰と(事業実施体制、協力業者等)

 

を計画骨子として、まずは固めていくことが、今回申請書作成において第一段階となります。

 

これら項目について、表やグラフ、写真を用いて肉付けをしながら、申請書内容を膨らませていくことが望ましいでしょう。

 

補助金の審査について

 

審査については、審査項目が3分野12項目設定されています。

ものづくり補助金審査項目です

 

上記、骨子を元に、内容を広げ、上記審査項目を網羅する形の申請書ができればベストですね。

 

申請時、紙ファイルを正・副合わせて6部作り、提出する必要があるのも、技術面・事業化面・政策面の3分野、各2名の審査官が同時並行で審査を行うため、3分野×2人=6部、必要となるからでしょう。

 

弊社では、今後、平成26年3月25日のセミナー、申請書作成支援等、今回の新ものづくり補助金採択に向けた支援を実施しております。

 

申請に向けて、申請書類作成にお困りの際は、お声がけ下さい。

 

また、申請サポートサービスについては、こちらから

http://www.milestone-inc.co.jp/archives/755

よろしくお願い致します。

 

Page Top
〒210-0002
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8ニッコービル  
TEL 044-223-6871
FAX 044-223-6872

トップページサービス内容コンサルタント会社概要事例紹介お問合せ

Copyright(C) 2011 Milestone Consulting Group,inc. All Right Reserved.

HL-P-B2-15-00675 2015.8.26 (使用期限:2017.7.31)