新ものづくり補助金、申請書作成のコツ2

現在、5月14日までの締め切りで第一次公募が行われている「ものづくり補助金」。

 

中小企業庁が運用しているサイト「ミラサポ」に『補助金申請のポイント!』という記事が掲載されています。

 

 

https://www.mirasapo.jp/features/subsidy/vol1/index.html

 

公になっている情報から申請書作成のコツを見ていきましょう!

 

情報の概要

 

今回、

■認定支援機関に聞く
■事業者に聞く
■中小企業庁に聞く

という、3つの方向から申請書作成のコツがまとまっています!

 

「ものづくり補助金」の場合、「事業者が計画を策定し、認定支援機関が計画の妥当性を確認し、事務局が判断する」という流れで採択が決定されるため、

 

・事業者は、事業計画策定の視点から
・認定支援機関は、事業計画策定のサポートという視点から
・中小企業庁は、事業計画審査の視点から

 

それぞれ、コメントを付しています。

 

 

認定支援機関に聞く

 

認定支援機関である群馬県産業支援機構 経営相談室室長があげている申請書作成のコツは以下のとおりです。

 

1.事業者の「長所」や「強み」を見直し、申請書を書く際は“当たり前を見直す”発想で望むと良い。

 

2.5W1Hといった原則を押さえ、誰にでも分かるような書き方が基本

 

3.「事業実現性」「市場性」「革新性(新規性)」「地域貢献」などの視点が盛り込まれていることも重要。

 

 

事業者に聞く

 

平成24年度補正ものづくり補助金(前回補助金)に採択された㈱フルハートジャパン様があげている申請書作成のコツは以下のとおりです。

 

1.「マーケット全体を視野に入れているか」という“広い視点”と「事業実現性はあるか」という“地に足のついた視点”、この2点が重要。

 

2.「この製品はこんなにすばらしい」という“製品視点”は大切だが、「その視点が市場に出ることで、どんな影響を与えるか」という“広い視点”がより重要。

 

3.「本当に実現できるのか」といった“地に足のついた視点”も必要

 

 

中小企業庁に聞く

 

中小企業庁 創業・技術課 黒田様があげている申請書作成のコツは以下のとおりです。

 

1.今回の公募は、現時点で一次、二次の2回を予定しており、事業者の皆様にとって2回申請チャンスがあります。

 

2.審査では、事業計画に「革新性」があるかを重要視しています。

 

3.革新性を2つの視点でPRすることが重要です。
(1)技術やアイディアの視点

この課題を解決するための技術面やサービス面でのアイディアは何か、開発計画における具体的かつ定量的な開発目標は何か等々をしっかりアピール。

 

(2)ビジネスとしての実現可能性の視点

どのようなマーケットを対象とするビジネスに乗り出すのか、そこでライバル企業に対してどうやって子女う競争を勝ち抜くのか、市場調査等をもとにアピール。

 

4.何を設備投資するのか、どのように加工するかといった話ではなく、どんなことを実現するためにどんな商品(サービス)が必要かが記載されていることが重要。

 

5.全く新しい製品、サービスを生み出していくことはもちろん、たとえば、他地域にある製品やサービスをその地域性等を乗り越えて未だ普及していない地域で実現させるといったものでも十分意味がある。

 

 

まとめ

 

まず、5月14日までの一次公募で不採択であった事業者は、事業計画や申請書を見直し、二次公募に再チャレンジできます。

 

よって補助金を希望されるのであれば、できるだけ一次公募にチャレンジしたいものですね。

 

また、『革新性』がポイントとなりますので、計画テーマと寄与するマーケット、この2つを盛り込んで、いかに革新性のある計画かを説明する必要があります。

 

『助成金って書類作成が面倒』とお考えの企業様もあろうかと思います。

 

支援機関のコメントにもありますが、

 

『補助金申請は、書類に向き合い「想い」を書くことから始まると思います。

1~2行でも、箇条書きでも構いません。

難しい言葉も要りません。

「想い」を吐き出していただくことで、こちらから支援できる部分が生まれます』

 

ということで、まず、計画を立案するという意思を持ち、その計画を簡単な言葉で吐き出すところから、開始されてはいかがでしょうか。

 

その上で、計画が補助金審査内容に合致するようであれば、自社で計画を詰めるか、支援機関等にお声がけ頂き、内容をブラッシュアップしてみてください。

Page Top
〒210-0002
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8ニッコービル  
TEL 044-223-6871
FAX 044-223-6872

トップページサービス内容コンサルタント会社概要事例紹介お問合せ

Copyright(C) 2011 Milestone Consulting Group,inc. All Right Reserved.

HL-P-B2-15-00675 2015.8.26 (使用期限:2017.7.31)